外壁塗装中は、建物周囲に足場を組み、足場を養生シートで囲うため、周辺住民に気づかれることなく建物内に侵入されやすくなります。また、外壁塗装中は作業員が出入りするので、見慣れない人が敷地内にいても不審がられにくいです。このような理由から外壁塗装中は空き巣の被害に遭いやすくなるので、外壁塗装中は普段よりも防犯対策を入念に行うことが大切です。

具体的な防犯対策としては、まず戸締りの徹底が挙げられますが、業者にお願いして作業後に足場に施錠してもらったり、昇降階段を取り外してもらったりするのも効果的です。どうしても空き巣への不安が消えない場合は、補助錠やセンサーライト、防犯カメラなどの導入も検討しましょう。