外壁塗装のメンテナンスの重要性

日本の住宅に使用されている外壁材は主に窯業系サイディングやモルタル、金属サイディングに分けられ、これらは時間の経過と主に定期的に塗装が必要となり、劣化が進行する前にメンテナンスを行なう必要があります。外壁塗装のメンテナンスの重要性の一つが、外観を美しく維持するだけではなく紫外線や雨水などから外壁を保護したり、紫外線による色褪せやひび割れなど外部からのダメージを軽減することで、住宅を良い状態で維持できることができます。

また外壁塗装はまとまった費用がかかりますが、定期的にメンテナンスしないと住宅の傷みが進行しやすく最悪内部の腐食やシロアリの発生につながり、結果として定期的に行なうよりも費用がかさんでしまう可能性が高いです。そのため事態が深刻になってから塗装をするよりも、手間がかからないうちに対処することで補修費を削減できます。

シリコン塗料の特徴を知りたい

シリコン塗料の特徴を知りたい

シリコン塗料は、シリコンやアクリルが主成分の樹脂や顔料が含まれた塗料です。
水やシンナーなどに混ぜてから、外壁に塗っていくタイプになっています。
水溶性と油性の2種類がありますが、体の弱い人、高齢者、子供、ペットなどのいるご家庭では、水溶性のシリコン塗料がお勧めです。

塗料特有の刺激臭などがなく、環境や人体に配慮をしているので定着した人気があります。
外壁塗装の塗料の中でもシリコン塗料は、耐久性に優れており、フッ素塗料に比べると価格が安いのでコストパフォーマンスが良いのが特徴です。
アクリルやウレタンなどの塗料に比べると耐用年数が長いので、10年以上はきれいな状態を保つことが出来ます。
外壁塗装に適している塗料です。

ウレタン塗料の特徴を知っておきましょう

ウレタン塗料の特徴を知っておきましょう

ウレタン素材は、塗膜に弾性があり、ひび割れや変形に強いので大雨や台風などの被害が多い地域に適しています。
ウレタン素材は使用する建材に種類に関係なく、使用することが出来ますし、高級感のある仕上がりなので定着した人気です。

シリコンやフッ素塗料に比べると価格が安く、コストパフォーマンスが良いので人気のある塗料になっています。
紫外線や風雨の影響などで少しずつ劣化してきますが、8年から10年ぐらいは長持ちすることが多いです。
外壁塗装の塗料の中でもウレタンは、豊富なカラーバリエーションが揃っているので気に入った商品を見つけることが出来ます。
ひび割れや変形に強い素材なので、建物の外観を美しく保てるのが魅力です。

工事中に留守にするときのマナー

工事中に留守にするときのマナー

外壁塗装工事を依頼すると、最低でも2週間程度は作業が続くことになるでしょう。工事期間中に常に家にいなければならない状態は、作業が終わるまで非常に苦痛になってしまういます。このようなことから、外壁塗装工事は、たとえ留守中であっても職人に作業を任せることが可能です。

しかし何も準備することなく留守にすると、手抜き工事を真似いたり、思った通りの仕上がりにならない可能性も考えられます。留守にする前にはまず第一に立ち会いが必要な工程をしっかりと押さえておきましょう。塗装工事中にも、必ず不在ではできない工程がいくつかあるのです。立ち会いが必要な工程の日だけは、最低限でもスケジュールを空けて家にいるようにしましょう。また養生前の私物の移動は、できるものは事前に移動しておくことが望ましいです。