国土交通省の外郭団体である『住宅リフォーム・紛争処理支援センター』によれば、契約の不履行や不良工事、強引な勧誘、悪質な点検商法などのリフォームトラブルが年々増えていると報告されています。リフォームというのは、何十万、何百万もかかるものです。リフォームに失敗するということは、大きな後悔とともに毎日を過ごすことになるのです。

毎日過ごす家で、自分がおかしなリフォーム会社に頼んだばかりになど後悔しながら過ごすのはとても辛い。後悔しながら生きていくなんてことはあってはいけないことです。工事が終わった後に「こんなはずじゃなかった」と思わないためによく考えましょう。リフォームで失敗しないためのポイントは、業者選びです。業者選びに成功すれば、リフォームは間違いなく成功です。良い業者を選ぶ目を持ちましょう。